日本ガストップページ日本ガスについて > 会社案内 >日本ガスの歩み
明治
43年 福沢桃介翁、鹿児島市にガス事業を興す[鹿児島瓦斯(株)]。設備をドイツ・バマーグ社より導入(燈火用1,420戸・燃料用337戸) 。
44年2月 ガス供給開始

 

大正
7年1月 電気工業瓦斯株式会社へガス事業を引継

 

昭和
3年4月 日本水電株式会社へガス事業を引継
16年8月 日本水電株式会社のガス部門が独立し、資本金150万円をもって日本瓦斯株式会社設立(従業員数54名・お客さま戸数5,130戸)
20年6月 太平洋戦争による鹿児島市大空襲により壊滅的被害を受け、お客さま戸数の約95%を失い自然休業(戦前最高約5,620戸)
21年5月 お客さま戸数369戸にて都市ガスの供給を再開
31年6月 お客さま戸数10,000戸を突破
38年1月 石炭ガス発生炉によるガス製造を廃止(塩屋工場)
39年9月 3,600kcalから5,000kcalへ熱量変更する。本社社屋改装。
42年3月 吉野営業所開設
44年3月 緑ヶ丘営業所開設
46年12月 お客さま戸数50,000戸を突破
49年2月 谷山工場操業開始
54年3月 決算期を12月から3月へ変更
56年5月 お客さま戸数100,000戸を突破
57年8月 吉野地区7,000kcalから5,000kcalへ熱量変更し、本社地区へ統合
59年4月 日本ガスプロパン株式会社設立(現:日本ガスエネルギー株式会社)
60年2月 日本ガス住設株式会社設立
63年3月 塩屋工場廃止
63年5月 株式会社ニチガスクリエート設立

 

平成
元年9月 株式会社ニチガスサービス設立
4年10月 インドネシア国営石油ガス公社とLNG輸入契約調印
4年12月 資本金6億4千5百万円となる
5年4月 株式会社日栄設備設立(現:日本ガスプランテック株式会社)
7年1月 株式会社エルグ・テクノ設立
8年3月 鹿児島工場(LNG受入・供給基地)竣工
8年4月 LNG第一船スリヤアキ初入港、鹿児島工場操業開始
国分隼人ガス株式会社へLNGローリー車にてLNG出荷開始
9年7月 国分隼人ガス株式会社 グループ会社となる
12年4月 国分隼人製造所操業開始
12年10月 LNG第二船スリヤサツマ就航
14年12月 天然ガス転換作業完了(緑ヶ丘営業所地区を除く)。谷山工場休止。
15年1月 南九州ガスターミナル株式会社設立
18年1月 鹿児島-隼人間中圧幹線導管竣工
18年4月 鹿児島工場大型LNG船初入港
18年11月 緑ヶ丘営業所地区天然ガス転換作業完了
18年12月 緑ヶ丘営業所閉所
19年10月 家庭用機器ショールーム「サティライフ紫原館」オープン
20年10月 株式会社ニチガスアドバンス設立
23年9月 業務用厨房機器テストキッチン「G-values STUDIO」オープン(サティライフ城南館内)
25年3月 鹿児島工場メガソーラー発電所売電開始
25年3月 食の拠点「かごしまキッチンほのほの」オープン
25年11月 総合研修センター 運用開始
26年10月 出水ガス株式会社 グループ会社となる
26年12月 株式会社エナジードリーム 設立
27年1月 日本ガスカスタマーサポート株式会社 設立
27年5月 大明丘スマートタウン 宅地造成完了
28年3月 会員制WEBサービス うぃず日本ガス サービス開始
28年4月 電力小売事業 電力販売開始
28年7月 日本ガスグループコールセンター 開設
28年8月 ポイントサービス開始
28年10月 ひだまり暮らしサポート(ハウスクリーニング・家事代行・トラブル駆けつけ) サービス開始
29年1月 日本ガスアグリ株式会社 設立