ひと・ゆめ・暮らし 日本ガス 企業情報

安全と防災への取り組み

1. 地震災害への備えについて

くらしに欠かせないエネルギーだからこそ、より確実な安全と安心のための取組みをしています。

予防対策

地震に強いガス設備を備え被害を最小限におさえる取り組みを進めています。

予防対策のフロー図
1.製造・LNG出荷設備
鹿児島工場 LNG出荷
鹿児島工場
厳しい耐震基準をクリアした設備です。万が一に備えた地震訓練等を行っています。
LNG出荷
配送作業の安全管理と災害・事故への十分な備えで、安定した輸送体制確保に努めています。
2.地震に強いガス設備
緊急遮断装置
配管中に設置してあり、ガスを遠隔で遮断する装置です。
お客さまの判断でとめるものもあり、感震遮断で止まるものもあり、感震遮断で止まるものも含みます。
ガバナ
お客さまの用途にあった圧力に調整する施設です。
耐震性の高い機器をしております。遠隔監視遮断装置を備え、状況に応じ遠隔で遮断します。
3.地震計(SIセンサー)
マイコンメーター
ガスの異常使用や地震を感知すると「遮断」または「警報」という手段でお客さまにお知らせする機能があります。
都市ガス警報器
ガス漏れ、不完全燃焼、火災を検知して音声とランプでお知らせします。
フューズガス栓
ゴム管が切れたり、外れたりした場合、自動的にガスの流れをストップします。
フレキ管
自由に曲がるステンレス製のガス管です。
耐震性、耐腐食性があります。

緊急対策

迅速な供給停止で、二次災害を防ぎます。

緊急対策のフロー図
供給停止判断の流れ
1.初期通報・被害情報・地震情報
初期通報 被害情報
初期通報
お客さまからの電話により、臭気の程度、警報器作動、漏れ箇所等を受け付けます
被害情報
社員が会社に自動出社(震度5弱以上)する際に、通勤途上の道路・橋梁・建物・ガス導管等の被害情報を調査します。
地震情報
低圧のガスを供給する地区ガバナに、地震計が設置されており、地震を感知すると、ガバナ遠隔監視遮断システムに地震情報が送信され、各所の揺れ情報を監視します。
2.詳細な地震情報収集
詳細な地震情報収集

災害時被害状況として、ガス漏れ通報の種別ごと、件数、道路、建物の被害情報ならびに震度階、地震計情報等を時系列に集計していきます。

3.災害対策本部
災害対策本部

お客さまからの通報や社員の被害情報をもとに、供給停止エリアの決定や救援隊の要請等について審議が行われます。その後、災害対策本部での決定事項をもとに指示が出され、現場へ出動します。

4.供給停止・供給継続
供給停止・供給継続のブロック図

供給停止地域を最小限に抑えるために、低圧導管を常時閉止されたブロックバルブにより形成された6つのブロックに分割して、被害が大きい地域と切り離して他への影響を最小限に抑えます。また、ブロック内の地区ガバナを停止することで、他のブロックに影響なく迅速にガス供給を停止することが可能です。

復旧対策

安全のためにガスを停止した地域は調査・修理を行い安全確認後、早期供給再開を目指します。

復旧対策のフロー図
復旧作業の流れ
1.安全確保と復旧準備
復旧計画
被害状況にあわせて計画を立てます。
閉栓
供給停止をしたすべてのお客さまのメーターガス栓を閉止します。
2.道路のガス管の復旧
調査
道路下のガス管に被害がないかを調査します。
修理
被害がある場合は修理・取替を行います。
3.敷地内の安全確認とガスの使用再開
敷地内調査
敷地内のガス管を調査します。
設備調査・点火試験
ガス設備・給排気設備に異常がないが調査した後、正常に燃焼するか試験します。
開栓
安全確認ができたらガスの供給を再開します。

2. 最新の安全型ガス機器への取替について

ガス機器の安全性に対する社会的ニーズが高まる中、日本ガスでは最新の安全型機器への取替促進の為、下記活動を行ってまいります。

保安キャンペーン
対象機器 不完全燃焼防止装置のない湯沸器・風呂釜及びインターロックのない小型湯沸器
対象期間 平成28年4月1日~平成31年3月31日
内容 対象機器をお持ちのお客さまが安全型機器へ取り替える際はキャンペーン価格での販売と致します。
お知らせ 日本ガス及び日本ガスサービスショプの店頭、日本ガスが実施するガス機器調査、各種イベント機会を通じてお客さまにお知らせいたします。
重点対策機器の取替キャンペーン
対象機器 不完全燃焼防止装置のない小型湯沸器・浴室内設置風呂釜、特定型式のガス機器
活動内容 対象機器をお持ちのお客さまが安全型機器へ取り替える際はキャンペーン価格での販売に加え特別巡回を実施してまいります。
お知らせ 特別巡回時及び日本ガスが実施するガス機器調査、各種イベント機会を通じてお客さまにお知らせいたします。

3. 保安点検、周知活動の充実、その他施策について

①保安点検の充実

4年に1回以上と定められた保安点検はもちろんの事、単身高齢者のお客さまへは安全確保の為、年1回、ガス機器の使用状況確認、ガスホースの取替、掃除等の特別巡回を行ってまいります。

②お客さまへの周知活動の強化等

  • ガス機器による事故を防止するため、保安点検時、開閉栓時、検針時、ガス展等のイベント時、その他、あらゆる機会を通じて安全・安心に関する周知活動を実施してまいります。
  • 不完全燃焼防止装置のない湯沸器、使用上の注意を要するガス機器については年1回以上個別に安全周知を致します。
  • ガス機器による事故を防止するため、保安点検時、開閉栓時、検針時、ガス展等のイベント時、その他、あらゆる機会を通じて安全・安心に関する周知活動を実施してまいります。

※上記の安全への取組みについてのご質問は250-5117(営業技術チーム)までご連絡ください。

4. 国民保護業務計画について

国民保護業務計画[123KB]

ページの上部へ

取り組み・活動

TOPへ