うえぶ.ひだまりトップページ > リライフ > パッシブデザインで実現する自然な"ここちよさ"を感じる暮らし

パッシブデザインで実現する
自然な"ここちよさ"を感じる暮らし

これからの住まいづくりのキーワード「パッシブデザイン」。
風や太陽の光や熱などの自然エネルギーの恵みを最大限に活用できるようにデザインするというもので、
快適で省エネな暮らしを実現する家づくりの考え方です。
E‐STYLEの提案や取り込みをご紹介します。

理想をかたちにして建てたマイホーム。
しかし、実際に家で暮らしてみてから、住まいにとって大事なポイントが初めて分かった、という声は少なくありません。
環境省が行った調査(※)によると、家の購入前に重視した点は、日当たり・立地・周辺環境・広さなどですが、実際に住んでみた人に聞いた「戸建て居住者の住まいの不満ランキング」では、



という結果に。
実は、このような不満や悩みは、家の断熱性能を高めることで解決できるものも多く、快適な暮らしを手に入れるため、断熱リフォームを行うお客様も増えています。 

リフォームで快適な住環境を実現するために、知っておきたいキーワードが「パッシブデザイン」。
風や太陽の光や熱など、自然のエネルギーを最大限に活用し、四季を通じて快適に過ごせる家づくりを実現するというもの。自然の恵みを最大限に利用できるよう、断熱をはじめ、遮熱、風通し、採光などの機能を活用し、バランスよく組み合わせて、快適で健康的な住まいを実現します。


E‐STYLEでも、この「パッシブデザイン」の考え方を大切にしたリフォームプランを提案しています。


この季節にご相談が多い断熱を例にすると、手軽に取り入れられるのが、断熱ブラインドをカーテンの代わりに取り付けること。断熱ブラインドが空気の層をつくり、外の冷気や熱気を遮断して快適な室温に保つことができます。さらにステップアップすると、今ある窓の内側にもう一枚窓を取り付けて二重窓にするリフォームも有効です。窓と窓の間に空気の層ができることで断熱性と遮熱性が高まり、カビなどの原因となる結露も軽減できるので、心地よい室内環境を実現することができます。冷暖房費を抑えられて省エネにもなるうえ、遮音効果も得られます。また、古くなった住まいの性能を一気にグレードアップしたいなら、構造から見直して再生するスケルトンリフォームという方法も。日本ガスでは、『KAGOSHIMAエコリノベ推進プロジェクト』を立ち上げ、断熱改修で暮らしを豊かにするエコリノベーションを行いました。改修前後での室内環境の変化は下図のとおり。


改修後は室温や遮音性などが改善され、過ごしやすい空間になりました。このように、それぞれの家に合わせて、「パッシブデザイン」を取り入れてリフォームすることで、快適な暮らしを手に入れることができます。
夏は涼しく、冬はどのお部屋もポカポカ。いつも自然の光と風を感じることができ、我慢はしなくても省エネが実現できる…。自然と上手に付き合う家づくりは、家族みんなの快適・健康・笑顔につながります。こんな"ここちよさ"が、これからの住まいと暮らしのあたらしいかたちかもしれませんね。

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加