おでん風鶏鍋|日本ガスの料理レシピ|

日常使える料理レシピをご紹介します。

おでん風鶏鍋

56.jpg

いつものおでんの具にえのき、長ネギ、水菜などお鍋の具も加えてお好みでお楽しみください。

一口メモ
◎骨付き鶏肉を一度焼きつけてからお鍋に。このひと手間で程よいコクが出て骨からも美味しいだしが取れます。
◎かぶはトロッとしていておいしく、大根より早く火が通るため、時短にも♪

4人分
・鶏もも肉(骨付きぶつ切り)
※骨付きの鶏肉なら何でもOK (手羽先、手羽元、手羽中など)
600g

・かぶ
2個

・結びしらたき
1パック(約150g)

・さつまあげ
4個

・油揚げ(いなり用)
4枚

・卵
4個

・大豆もやし
1袋

・春菊
1束

・だし汁
1500ml

・みりん
大さじ1

・酒、薄口醤油
各大さじ2

・塩
小さじ1/2~1

<ピリ辛味噌>

・みりん
大さじ2

・麦みそ
大さじ2

・コチュジャン
小1

1.フライパンを中火で熱し、油をひかずに鶏もも肉の皮目を下にして並べ表面が白くなるまで返しながら焼く。

2.さつま揚げ、油揚げは熱湯で1~2分茹で油抜きをする。結びしらたきも同様に茹であく抜きをする。(だしが濁らずおいしく仕上がります)

3.かぶは葉を少し残し切り落とし、皮を剥き縦に4等分に切る。

4.鍋にだし汁、調味料、鶏もも肉、かぶ、結びしらたきを入れ火にかけ、煮立ってきたら弱火にし蓋を少しずらしてのせ、約20分煮る。(塩は最初は少なめに入れ、最後に味を見て調整してください)

5.煮込む間に卵巾着を作る。油揚げの水けを絞り、1辺を切り落とし袋状に開く。卵1個を割り入れつま楊枝で口を縫うように閉じる。残りの3つも同様に作る。

6.④に卵巾着、豆もやし、さつま揚げを加え約7~8分煮る。(ゆで卵と同じでお好みで時間調整を)春菊を食べる直前に加え、皿に取り分け、お好みでピリ辛味噌をかける。

<だし(分量外)>
鍋に水2ℓとだし昆布(10㎝)を入れて30分ほど置き、火にかける。沸騰し始めたら昆布を取り出し、かつお節(30g)を加えてひと煮立ちし、火を止めてこす。だしは多めに取っておくと、汁の量が減った時に継ぎ足せるので便利です。


レシピ監修:鎌下直子