夏野菜の揚げびたし|日本ガスの料理レシピ|

日常使える料理レシピをご紹介します。

夏野菜の揚げびたし

(作りやすい分量)
ナス...2本
いんげん...8本
おくら...8本
パプリカ...1個(ピーマンでも)
かぼちゃ...1/8個
揚げ油...適量
<浸し液>
だし汁...1カップ
濃口醤油...大2
みりん...大2
キビ砂糖...大2
酒...大2
にんにくスライス...1かけ分

1.浸し液の調味料とスライスしたにんにくを鍋に入れ一度沸騰させておく。

2.ナスはヘタを取って縦半分に切り、斜めに切り込みを入れ、食べやすい大きさに切ってバットに並べ、塩少々(分量外)を振り10分程置いておく。水分が出たらざっと水で洗い、水けを拭いておく。

3.他のお野菜もお好みの大きさに切る。オクラは破裂を防止するため、所々包丁で切れ目を入れる。

4.揚げ油を170度に温め、切ったお野菜を素揚げする。

2.お野菜が揚がったら、浸し液に漬ける。半日ほど漬けておくと、味もしみて美味しくなります。

※冷蔵庫で冷やし、切ったトマトと一緒にお皿に盛り付けたり、ソーメンの上にのせて食べてもいいです。


レシピ監修:鎌下直子