やわらか鶏煮|日本ガスの料理レシピ|

日常使える料理レシピをご紹介します。

やわらか鶏煮

48.jpg

冷蔵庫に作り置きしておくといろいろ使えて便利。

一口メモ
※鶏肉に佐藤と塩を揉みこみ片栗粉でコーティングする事で、肉に水分を含ませ、水分が逃げにくくしっとりとした仕上がりになります。
※残った煮汁はスープのお出汁としても活用できます。
※すぐ食べない場合は、煮汁ごと冷蔵保存すると味がよりしみ込んで美味しくなります。
※冷蔵庫で4~5日持ちます。

作りやすい分量
・鶏むね肉
1枚(約300g)

・砂糖
小1/2

・塩
小1弱

・片栗粉
小1

1.鶏肉の皮を取り除く(皮は気にならなければそのままでもOK)。鶏肉に下味が入りやすいように全体をフォークで数か所さす。

2.耐熱用の袋に鶏肉、砂糖、塩を入れ、袋の上から揉みこみ、常温で30分(冬場は1時間)置き下味をつける。

3.2の袋の中に片栗粉を入れ、鶏肉に均等にまぶす。袋の空気を抜いて口を縛る。

4.厚手の鍋にたっぷりお湯を沸かす。

5.お湯が沸騰してきたら、鍋底にアルミホイルを敷き(袋が直接鍋底に触れ破けるのを防ぐため)、鶏肉を袋ごと入れる。蓋をして弱火で8分煮る。

6.粗熱が取れるまでそのまま放置し、お好みの大きさに切り分ける。

※写真はレシピの分量の2倍分です。


レシピ監修:鎌下直子