祖母の作るがね


10月に入りすっかり、秋の空気ですね。
庭に出ると、お隣さんから金木犀のいい香りが漂ってきて、あま〜い香りに癒されてます。

スーパーには秋の味覚がたくさん並び始めましたね。
先日、子供達が裏の山からこんなものを採ってきました。↓



『あけび』です!これも秋ならではの味覚ですよね。
私は昔から、『うんべ』って呼んでますが、
先日、道の駅で見かけたら、『あけび』って書いてありました。
うんべって鹿児島弁だったんですね。
うんべ…よく考えたら面白い呼び名ですよね。

果肉には種がびっしりと詰まっているので、
口の中に入れ、モゴモゴさせながら、口の中で種と果肉を器用に分けて食べます。
そして、種だけをペッ、ペッ、て吐き出します。
種が多すぎて、食べるのにあごが少々疲れるのですが、
久しぶりに食べたら、とっても甘くて懐かしい味がしましたよ。(^^)


そして、畑の方も秋野菜が。。。

春に生姜を植えていたのですが、そろそろかな?と思い掘ってみると、

なかなか立派な根生姜が入ってました!!(≧∀≦)


採れたての生姜は、皮も薄くて香りも抜群です。
皮の柔らかいうちに、甘酢漬けにしようかな?と思っている所です。

でも、せっかくの採れたてですから、すぐに食べてみたいですよね!(^^)
早速、生姜を入れた、ガネをおやつに作ってみました!!
鹿児島の方ならわかると思うのですが、ガネとは鹿児島の郷土料理で、
さつま芋や人参、ごぼう、ニラなどの季節の野菜を甘い衣で揚げたかき揚げのようなものです。
見た目がカニに似ている事から、ガネと言われています。

ガネは各家庭でお味噌汁の味が違うように、衣の甘さも具材も様々です。
衣の主な材料は小麦粉、米粉、砂糖、水ですが、卵を加える所もあれば、
米粉の代わりにそば粉を入れたりもします。
家庭料理ってあり合わせの材料で作れるのが、良い所ですものね。

そんなガネを私も小さい頃から、おかずというより、おやつによく作ってもらっていました。
でも我が家流のガネはちょっと変わっているかもしれません。

それは、衣になんと、なんと、


落雁(らくがん)を入れます!!


えっ、落雁??って、


あの落雁??って思いますでしょ?


そうです!お盆の時によくお供えするあの落雁です!!!


昔から、祖母や母の作ってくれるガネにはよく落雁が入っていたんです。
もちろんガネを作る度に落雁を買ってくる訳ではありませんでしたが、
お供えした後のお下がりがあると、落雁を入れて作ってくれていました。
落雁は米粉や水あめが原料となっているので、ガネの衣の材料としてはピッタリなんです。
食べ物を頂けるという事を、いつも大事に教えてくれていた祖父母でしたが、
落雁のモサモサとした食感から、どうしても家族は好んで食べなかったんです。
そこを美味しく変身させたのが、祖母の知恵でした。
今でも、ガネを作る時は落雁を買ってくるほど、
シンプルなものより、祖母の作ってくれていたガネを食べたくなってよく作ります。
カリカリっとした食感は病み付きになるくらい、子供達も大好きなんです。
そんな家庭の味が、親子3代、4代と続いていくんでしょうね。。。

今回は、さつま芋と人参と生姜をたっぷり入れて作ってみました。
レシピを紹介しますね。


◎たっぷりお芋と生姜のがね(落雁入り)

<材料>(4人分)
さつま芋…中1本
人参…1/2本
生姜…10g

小麦粉…30g
米粉…60g
落雁…80g
きび砂糖…大3
塩…小1/3
水…カップ程度
※水の量は天ぷらの時よりちょっと固めぐらいで調整をして下さいね。

<作り方>
1、さつま芋、人参を千切りにする。生姜はみじん切りにする。
2、落雁を水に浸して溶かした後、小麦粉、米粉、きび糖、塩を混ぜ合わせ衣を作り、[1]と混ぜ合わせる。
3、170度の油でさつま芋に火が通るまで揚げる。


甘い中にピリッと辛い生姜が効いて、とっても美味しいですよ。
外はカリカリッとしていて、中はもっちもっちの食感なんです。
我が家の素朴なおやつを、良かったら試してみて下さいね♪

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加