日本ガストップページニュースリリース一覧 > 平成23年10月のガス料金について

ニュースリリース

平成23年10月のガス料金について

平成23年8月30日
日本ガス株式会社

今回の概要

平成21年12月1日に改定されました「原料費調整制度」により平成23年10月検針分の従量料金単価につきまして13A(46.04655MJ)では平成23年9月検針分より1立方メートルあたり2.856円(税込)値上げさせていただきます。
また、平成23年10月検針分に適用させていただくガス料金につきましては平成23年9月の検針票にて前もってお知らせいたします。

 

平成23年10月検針分ガス料金早収単価表(税込):46.04655MJ(13A 天然ガス)

一般
料金表 1ヶ月のご使用量 基本料金
(円/月)
従量単価
(円/m3
0m3から25m3まで 719.25円 246.0622円
25m3をこえ150m3まで 2,237.55円 185.3092円
150m3をこえる場合 6,731.55円 155.3527円

各選択約款
選択約款名称 基本料金
(円/月)
従量単価
(円/m3
家庭用給湯・温水システム契約 3,722.25円 136.4947円
家庭用セントラル空調システム契約 4,457.25円 113.3947円
家庭用コージェネレーションシステム契約 3,255.00円 91.8697円

 

※原料費調整制度とは

・為替レートや原料価格の変動を迅速にガス料金に反映させる制度です。
原料価格が変動した場合に、従量料金単価(ご使用量1m3あたりの単価)を毎月調整する仕組みです。3ヶ月間の平均原料価格を基準となる原料価格と比較し、平均原料価格が下がった場合は従量料金を引き下げ、平均原料価格が上がった場合は従量料金を引き上げさせていただきます。ただし、平均原料単価が97,710円(基準原料価格61,070円の1.6倍相当)をこえる場合は、97,710円を平均原料価格とみなして従量料金単価を調整いたします。