日本ガスの料理レシピ|ウフ・ファルシ

日本ガスのリビングレディが日常使える料理レシピをご紹介します。

ウフ・ファルシ

カロリー:315kcal(1人) 調理時間:40分
246.jpg

ウフはフランス語で卵、ファルシは詰め物の意味 フランスの定番料理です。

一口メモ
ゆで卵を作る水に、塩と酢を入れることで、卵がひび割れたときの卵白の流失を防ぎます。

(2名分)
・卵
3個

・マヨネーズ
45g

・酢
大さじ1

・塩
小さじ1


<飾り>

・いくら
適量

・水菜
葉先の新芽の部分6枚

1.鍋に卵が浸かるくらいの水を入れ、酢・塩と常温に戻した卵を入れて火にかける。

2.強火のまま最初の2分間くらいは箸で卵にひびが入らないように混ぜ、沸騰したら表面がコトコト沸くくらいの弱火にして11分火を入れてゆで卵を作る。

3.火が入ったら引き上げて氷水につけ、10分ほどつけて冷ます。

4.卵が冷えたら殻をむき、縦1/2にカットして黄身と白身に分ける。白身の部分は、盛り付けの時に座りがいいように側面の方を少しカットする。

5.黄身は網で細かく裏ごしてマヨネーズと合わせ、滑らかなクリーム状にし、ビニール袋に入れて空気を抜いて縛る。ビニール袋の端の部分を、絞りやすいように1㎝くらいカットしておく。

6.白身の部分を器にし、5をしぼっていくらと水菜を飾る。(水菜の代わりにパセリやいろいろなハーブで代用しても可)


レシピ監修:田代 貴子(調理師)