日本ガスの料理レシピ|甘露煮からつくる栗きんとん

日本ガスのリビングレディが日常使える料理レシピをご紹介します。

甘露煮からつくる栗きんとん

カロリー:394kcal(1個分) 調理時間:100分
082.jpg

おせちにかかせない栗きんとん。少し手間をかけてお好みの甘さで楽しまれてはいかがでしょう。

一口メモ
茶巾絞りにするときは、できるだけ目の細かい布の方が見栄えよく仕上がります。

(4人分)
★栗の甘露煮

・栗
250g

・砂糖
100g

・みりん
大さじ1/2

・酢
大さじ1/2

・くちなしの実
1個

・お茶パックかガーゼ
1つ

★栗きんとん

・さつまいも
500g

・栗の甘露煮
10個

・甘露煮のシロップ
30ml

・砂糖
200g

・くちなしの実
1個

・お茶パックかガーゼ
1つ

★栗の甘露煮をつくります。

1.栗の皮と渋皮を剥く。(1時間以上水につけると剥きやすくなります)

2.鍋に湯を沸かし、1と酢を入れて再度沸騰したら弱火にして10分煮て、ザルに取って洗う。

3.鍋に2を入れてひたひたの水を入れ、たたいて割ったくちなしの実を加えて、栗が柔らかくなるまで弱火で煮る。

4.3のくちなしの実が入ったお茶パックを取り出し、鍋に砂糖とみりんを加えて更に15分煮る。

5.4から栗を取り出し、そのまま鍋を10分煮詰めてシロップを作り、最後にまた栗を入れる。

★栗きんとんをつくります

6.さつま芋の皮を剥いて一口大に切り、かぶるぐらいの水とくちなしの実(お茶パックに入れて叩いて割った)と一緒に鍋にいれ、柔らかくなるまで茹でる。

7.6の茹で汁を捨て、さつま芋を鍋の中でマッシャー等を用いてつぶし、砂糖とシロップ(甘露煮で作った)を加えて、木べらで練りながらテリがでるまで弱火で加熱する。

8.7に適当な大きさに切った栗の甘露煮を加えて混ぜ合わせ、サラシや濡れ布巾に包み、茶巾絞りにする。


レシピ監修:新屋良子(栄養士)