うえぶ.ひだまりトップページ > 鎌下先生の料理ブログ > 今年も一年ありがとうございました



今年も一年ありがとうございました


いよいよ2017年も残りわずかとなりましたね。
月並みですが、今年もあっという間の一年でした。
鹿児島弁で言うならば、「今年もわっぜ早かった!」ですかね(笑)


今年最後のレッスン(おせち)も皆様のお陰で無事に終了する事が出来ました!!
キャンセル待ちが出る程、たくさんの方にお申込み頂いたとの事…
本当にありがとうございました。<(_ _)>


豚骨の甘辛煮込み、金柑の甘露煮、金時豆でさえ20分もあれば作れるもの。
2、3分で出来上がるものもあり、後はこれにお刺身や数の子などを足せばいいね!!という
カジュアルなおせち。


いつもの晩ご飯を作る感覚で手軽に作れるものを9品!!
初心者さんでも、これなら自分でおせちが作れる!って自信が持てる様なレシピに仕上げました。


「えー、無理だよ―!!」
「無理じゃないよ!やればできる!」
「ほんと簡単に出来た!」
「普段のご飯にもいいね!」


って、作る側からすぐに反応が聞けるのは嬉しい。


初めての方とリピーターの方が混ざりながら賑やかな教室。
デモンストレーションをしながら、おっちょこちょいの私に優しく突っ込みをいれてくれる生徒さん達。
そんな自然な会話が飛び交う空間が心地よくって、来て下さる方にはいつも感謝の気持ちです。
皆さんの笑う顔が本当に嬉しくて忘れられません。


この一年、たくさんの方に出会い、いろんな事に挑戦させて頂いて、
振り返っても「楽しかった」の一言に尽きます。
沢樹舞さんのテレビ番組制作、イベント、雑誌、そしてカフェのメニュー開発などにも携わらせて頂き、
目まぐるしくも充実した日々でした。
時々、へこんだり、悩んだりもするけども、
一つの事をずっと立ち止まって考える余裕がなかった事が有難かったのかもしれません。
また身近で支えてくれる家族の存在も大きかったです。


どこへ行っても、どんな状況でもごはんの時間はやってきて、
そこで出会った人と食の話になる事もしばしば。
そんなひょんな出会いから、また色々な道が開けたり、経験したり…
私にとって、食は人との距離感を一気に縮める最大の手法だなと改めて感じました。
そこには食の大切さを小さい頃から当たり前のように感じ、育ててくれた母の存在があって、
本当に感謝しています。


それでは、最後になりますが…


この一年、関わって下さった皆さま、本当にありがとうございました。
来年はもっと皆さまに喜んでもらえるよう、新しい事にもチャレンジしたいなぁ~
いや、絶対する!!という気持ちで頑張りたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。
2018年が皆さまにとって素敵な一年でありますように…良いお年をお迎えくださいね☆

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加