クレソン採りの敵


春のお野菜のひとつ、クレソン!!
毎年この時期になると、祖父の田んぼに採りに行きます。



クレソンと言えば、よくお肉の横にちょこんと添えてあるのを見かけますが、
旬の時期はメインで食べないともったいないぐらいです。
最強野菜とも言われていて、栄養をたっぷり摂れます。
ビタミンCやE、葉酸、カルシウム、カリウム 、鉄分など豊富に含み、
血液の酸化予防、貧血予防にも効果があります。
また、にきび予防や、肌を潤すとも言われているので、女性にはとっても嬉しい食材です。


先日は娘と一緒にクレソン採りに行ってきました。



娘は、レンゲソウを採るのに夢中!!
そして、川べにはニワトリ。
実は、このニワトリさん、いつ行ってもいるんです!!
すぐ近くのお宅にニワトリ小屋らしきものが見えるので、そこから水飲みにでも来たのかな?
なんとも、のどかな光景です。

昔は、祖父の軽トラに乗って、よくここへ来ていまし た。

そして、「ここの空気は美味しかろが~~」って言うのが祖父の口ぐせ。

来るたびにその事を思い出すので、ここでは大きな深呼吸をいっぱいします。
鼻からも、口からも空気を吸い込こむと、体中のあちこちがきれいな空気に満たされて、
浄化される気分です(^^)

でもね、ここへ来れるのも今年の春は最後かもしれません。

なぜなら…

暖かくなるのは嬉しいのですが、ヘビや、マムシが出るんです!

まだいないよね?いないよね?ってビクビクしながらのクレソン採り。
私の一番苦手なヤツ(>_<)


なんと去年は遭遇したんです!!!

とっさに持っているモノを全部ほっぽり出して、一目散に逃げましたから。
あの恐怖だけは思い出しただけで、身震いします。(>_<)
自然の生き物だから、こればかりはしょうがないんですけどね。



さて、持ち帰ったクレソンで早速サラダを作りました。


ピリッとするクレソンと新玉葱には、
メイプルシロップとマスタードの甘じょっぱいドレッシングがとっても合いました。
そして、アクセントに素揚げした切り干し大根をのせたらパリパリとして、これまた合う合う!!
レシピはこちら↓良かったら試してみて 下さいね。


◎パリパリ大根といかとクレソンのサラダ

<材料>(作りやすい分量)
いか…1杯
クレソン…二束分ぐらい
玉葱…1/4個

[ドレッシング]
酢…大1
オリーブオイル…大1
マスタード…大1
メイプルシロップ…大1
きび砂糖…ふたつまみ
塩…小1/3

[トッピング]
切り干し大根…適宜

<作り方>
1、いかは輪切りにして湯でる。
  クレソンは食べやすい長さにざく切りにする。
  玉葱は薄くスライスする。
2、切り干し大根をカリッ とするまで揚げる。(温度設定160℃)
  ※すぐに焦げてしまうので低温で揚げて下さい。
3、器にクレソン、いか、玉葱の順に盛り、揚げた切り干し大根をのせ、合わせたドレッシングをかける。


今回は自家製の切り干し大根&人参を素揚げしてサラダにトッピングしました。
切ったお野菜は三日ほど天日に干すだけで、とっても甘くなるし、常備しておくと便利。
その話は、また次回ゆっくりと書かせて頂きますね!(^-^)

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加