節分豆の消費


まだまだ風は冷たいものの、厚手のコートはいらないくらい暖かくなりました。
もうすぐ春ですね~嬉しくなります♪

2月のイベントと言えば、節分にバレンタイン…
私が学生の頃のバレンタインと言えば、本命チョコに義理チョコの二本立て。
好きな男の子がいる子にとっては、愛を告白できる特別な日、
そうでない子は、無縁のイベントと言うか、家族にあげるくらい?
バレンタイン近くになると、「チョコを渡す人はいないの?」
なんて親からも探りのようにからかわれたもの。(^_^;)

昔は特別のように思っていたバレンタインも、
今では身近な人に感謝の気持ちを表すイベントのようにもなりました。
最近は、友チョコと言う言葉も出てきて、まるで手作りお菓子の交換会になっています。

うちの娘も流行に乗って、女の子同士手作りお菓子を送ったり貰ったり…


↑娘が作ったチョコレートマフィン!!
もちろん、後ろには支持する黒幕が居ますがね(^-^;)
いつの日か本命の彼に手作りチョコを渡す時が来るのかな?
その時は腕上げてるかな?
な~んて、まだ先の話でしょうけど、そんな事を思いながらのバレンタインでした。


さてさて、節分の時に使った大豆…余っていませんか?

歳の数だけ食べるなんて、数が多すぎてそのままでは胃が痛くなりそ~(>_<)
そんな大豆を一気に茹でて、最近は大豆料理のオンパレードでした!!


大豆のポタージュ、
大豆とひじきと人参の甘辛煮、
大豆入りのハンバーグ、
鶏とエリンギ舞茸大豆の塩麹煮

どれも作り方はシンプルなものばかりです。

今回は、鶏の塩麹煮のレシピを紹介しますね!!
塩麹に漬けておいた鶏肉に大豆、きのこ、酒を加えて煮込むだけ~
あっという間に出来ますよ!


◎鶏とエリンギ舞茸大豆の塩麹煮

<材料>(4人分)
鶏もも肉…2枚
塩麹…大3~4 
オリーブオイル…大1

大豆の水煮…130g(1カップぐらい)
エリンギ…1パック
舞茸…1パック
酒…50cc

刻んだパセリ…適宜

<作り方>
1、鶏もも肉を食べやすい大きさに切り、塩麹とオリーブオイルをもみ込み15分以上漬けておく。
2、エリンギ、舞茸は食べやすい大きさに切る。
3、フライパンを熱し、鶏肉の表面を軽く焼き、エリンギ、舞茸、大豆の水煮を入れてサッと炒める。
4、[3]に酒50ccを加え蓋をして、弱火で8~10分蒸し煮にする。
  蓋を開け、混ぜながら軽く煮詰めたら、刻んだパセリを加え混ぜたら出来上がり。
  ※塩麹は鶏肉の大きさによって加減して下さい。


その他…レシピと言うほどじゃありませんが、
大豆のポタージュは牛乳+大豆+だし汁+白ごはん(入れるととろみと甘味が出る為)を
ミキサーにかけて温め、薄口醤油で味付けし、
後から湯がいた菜花と粉チーズを加えます。
大豆とひじきと人参の甘辛煮は醤油2:きび糖1:みりん1:酒1に材料が半分浸るぐらいのだし汁を加えて、
味が染み込むまで煮込みます。
大豆入りハンバーグは、ミキサーにかけた大豆を肉ダネに加えました。


これで、余った大豆をいろんな味ですっきり消費!!(^-^)
良かったら試してみて下さいね。

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加