ひだまり撮影&豚の軟骨煮


今年も残すところあと半月となりましたね。
年の瀬が迫ってくると、色々と忙しくなるせいか、
世間が一気に気忙しい雰囲気に包まれて、
バタバタしないようにと、いつも心がけています。
体調を崩しやすい時期でもありますので、気を付けて過ごしましょうね。


先日、日本ガスさんの季刊誌『ひだまり』の撮影がありました。
今回もレシピを掲載させていただけることになり、いくつか作らせて頂きました!


今回は、みんなでワイワイ楽しく食べられる『お鍋』です♪
寒い日こそ、家族でゆっくりおうち鍋がいいですよね〜
お鍋のバリエーションは、味噌鍋、キムチ鍋、豆乳鍋…といろいろありますが、


今回掲載させて頂いたレシピは『梅鍋』です(*^_^*)
我が家でとっても好評なお鍋なんです。
鶏や海鮮物をたっぷり入れて、梅の風味でさっぱり頂けます♪

1月に発刊予定という事ですが、チラリ・・・
ガッツリ載せちゃってますが、(^_^;)
こんな感じです↓


鶏や魚の旨味がたっぷり染み出たスープは、グビグビ飲みたくなるんです!!
でも最後のしめのお楽しみの為に、全部飲んじゃだめですよ(^−^)
しめには、うどん、焼きおにぎりが合います!!
さっぱりしていて、お腹いっぱいなのにいけます!!!
おにぎりをグリルでこんがり焼いて、わさび、三つ葉などを入れ、お茶漬け風に…
うどんには、柚子をキュー——ッと絞って、さらにさっぱりしてスルスルいけます。


撮影スタッフさん、男性5名!!
撮影後、あっという間に完食でした♪(^−^)


他にも、簡単に作れる和菓子など載せてますので、
是非作ってみて下さいね。
詳しいレシピは、1月発行予定の『ひだまり』か、
うぇぶひだまりの『ハッピーレシピ』にもアップされますので、
そちらをチェックしてみて下さいね!


ある日のごはん♪


寒くなると、煮物料理が多くなります。
今回は圧力鍋を使った『豚の軟骨煮』のレシピを紹介したいと思います。


◎圧力鍋を使って豚の軟骨煮

<材料>(4人分)
豚の軟骨…約500g(豚骨や豚バラでもOK)
濃口醤油…50cc   
ザラメ…50g 
焼酎(酒でも)…30cc  
生姜…1かけ
こんにゃく…1枚
厚揚げ…1パック

<下準備>
豚肉は、たっぷりのお湯でさっと茹で、よく洗う。
生姜は、厚めに切っておく。
こんにゃくは、塩もみして水で洗い、表と裏にかのこに切り目を入れ、
食べやすい大きさに切り、熱湯で3分茹でる。
厚揚げも食べやすい大きさに切っておく。

<作り方>
1、鍋に豚肉を入れ、豚肉がかぶるくらいのお水と生姜を入れ、蓋をして火にかけ、圧がかかったら弱火で約10分煮る。
2、1が冷めたら1晩冷蔵庫で冷やす。脂が固まったら、取り除く。
(冬場はそのまま冷えた場所に半日ほど置くと、脂が白く固まります)


3、鍋のお水を豚肉が半分かぶるぐらいまでに減らし、醤油、ザラメ、焼酎を入れる。
蓋をして火にかけ、圧がかかったら、弱火にして約10分煮込む。
4、圧が抜けたら、こんにゃく、厚揚げを入れ、煮汁が3分の1になるまで煮込んだら出来上がり。

骨までトロトロ、白いご飯が進みますよ〜(~o~)

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加