金柑

こんにちは

ぼちぼちと、インフルエンザが流行りつつあるようですが、

皆さんお変わりございませんか?

体調管理には十分気を付けましょうね


さて、今年もコトコトクッキング(料理教室)始まりました♪


今日もいっぱいお客様とお話ししてたくさんパワー頂きました


いつもありがとうございます


毎年この時期になると、教室でも話題になるのが金柑の甘露煮!!


わたし、金柑がだ~~~~い好きなんです


毎年3キロは煮て1年中食べてます(*^_^*)



金柑には、ヘスペリジンという成分が多く含まれていて、ビタミンCの吸収を助ける働きがあります

ヘスペリジンは、他の柑橘類にも含まれていますが、そのほとんどは果皮の部分なので、金柑を皮ごと食べるのはとっても効率の良い食べ方なんです


ビタミンCたっぷりなので、この時期の風邪予防に最適ですよ


金柑の甘露煮って、煮る時間や工程が家庭によってさまざまなんですよね


皆さんそれぞれ色々な方法で作られているようでした


種を取る、30分煮る、茹でこぼす、一晩水に漬ける、切れ目を入れる等。。


また、シワがよって上手くできないという声もありました

鎌下流はいたってシンプル!!

切れ目も入れず、水にもつけず、煮る時間はたったの15分

シワもよらずにツヤンツヤン♪に出来上がりますよ



そして皆さんから質問が多かったのが、残ったシロップはどうすればいいの?という声

我が家では薄めてジュースとして飲んだり、お料理やお菓子作りにも使ったりします

煮込み料理や照り焼きにみりんの代用として使ってみて下さい

さっぱりして美味しくできますよ




では、今日の夕飯に作った




「金柑シロップを使ったサバの甘辛焼き」をご紹介しますね♪

簡単なので、是非作ってみて下さいね!(金柑シロップがない方はみりんで代用出来ますよ)

材料4人分

サバ(3枚におろしたもの)…1匹分           
小麦粉…適宜
濃口醤油…大1
金柑シロップ…大1と1/2
酒…大1
オイスターソース…小1
サラダ油…大2
長ネギ…10cm分
大根おろし…お好みで 

作り方
1、サバは3cm幅のそぎ切りにし、軽く塩(分量外)を振り10分ほど置きペーパーで水分を拭き取る。小麦粉を薄くまぶす。

2、フライパンに油を敷き火にかけ中火にし、サバを焼く。

3、サバに火が通ったら、醤油、金柑シロップ、酒、オイスターソースを回しかけ、長ネギを輪切りにしたものを入れ煮詰めてからめる。

4、器に盛り、大根おろしをのせる。

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加