今週で最終回!!・・・・・さみしいィ

2月ももう終わりですね、早いです!
弥生三月、いよいよ春の訪れでしょう。

 

春の日差しや鳥の鳴き声は、何となく心躍るものがあります。
ましては3月3日のお雛まつりは、まさしく春を告げるお祭りですね。
女性は、いくつになってもおひな祭りのころになると
心がうきうきするものです。(そんなの私だけ?!)

男女一対のこの美しくも仲睦まじい姿は、女の子健やかな成長と、
「将来、仲睦まじく幸せな結婚ができますように」という
家族の願いが込められているといわれます。

 

一方、3月は別れの季節でもありますね。
私もいよいよこのブログを卒業することになりました。
半年の間本当にありがとうございました。
少しでも皆さまの整理収納の参考にしていただけていれば幸いです。
なかなかうまく伝えられないことも多く、整理の奥深さ、、伝えることの難しさを
痛感しております。
皆様の中に、お一人でも 「整理をやってみました~ァ!」という方がいらっしゃると
うれしいです。。

 

本日は最後ということもあり、整理収納のおさらいをしておきたいと思います。

 

*整理とは

 

・必要・不必要の区別をつけ、不必要なものを取り除くこと

(実例)仕分けをしています
       ⇓

(実例)処分する分です。

 

*収納とは

 

必要なものを、使う場所に、取り出し易く、しまい易く収めること

(実例)リビングの収納スペースに収められたランドセル。
帰ったら子供部屋へ上がらず、一階のリビングで宿題を済ませることが
多いので思い切ってここに置くことにしました。

(実例)玄関横の帽子掛けです。
子供たちが出かけに忘れないよう、あえて見えやすくかけてあります。

 

整理は片付けや、整頓とは根本的に違うということです。
~*~必要なものを必要な場所に見た目よく、使いやすく収納すること~*~

『整理の5か条』
1)適正量を決める。
収納スペースやご自分のライフスタイルに合った適正量を決めると、ものは増えない。
特に本や服などは情報や流行に左右されやすいので適正量で管理するとよい。

2)行動動線を考える。
収納の高さは体にストレスのかからない順として、「中段→下段→上段」の順に 収納する。
使いやすさ、取り出しやすさ、しまいやすさが行動動線とあっていること。

3)使用頻度別収納を
・毎日使うもの
・2~3日に1回程度使う
・1週間に1回程度使う
・月に1回程度使う
・年に1回程度使うモノ
*1年に1回も使わなかったものは不必要なもの、たとえ新品でも!

4)グルーピングをする
・同じアイテムごとにまとめる
・使用場所ごとにまとめるのもグルーピング、たとえば冷蔵庫の中の朝食セット
 洗面所のヘアーセット、季節のモノ等。

5)定位置管理
・置き場所を決め、ラベルを張る
*この作業をすることにより、そのものは必要でよく使われるものになります。
 「どこに何があるかよりも、どこにしまうべきか」がよくわかるので散らからない。

以上のポイントを忘れずに、是非ご自宅や会社の整理をやってください。まずはやってみましょう!!



<最後にちょっとだけお知らせを。>
このブログをご覧になり整理収納アドバイサーに興味を持たれた方もいらっしゃるかもしれません。
ここで整理収納アドバイサーについて少しお話させてください。
この資格は「NPO法人ハウスキーピング協会」が認定している資格です。
2級・1級・講師 とあり、ステップアップして参ります。
「整理収納アドバイザー2級」は一日の講座でとれますので、
興味のある方は是非チャレンジしてください。

近いところでは、3月2日(日)にイオンのカルチャーセンターで開催します。

整理収納の知識・技術・を学ぶことが出来、ご自分の仕事のスキルアップや、
ご自宅をきれいにしたいと考えていらっしゃる方には最適です。

■1級以上の資格取得者で可能な事
・整理収納アドバイサーとしての実務
・整理収納のセミナー
■講師の資格取得者のみで可能な事
・2級向けの認定講座

なんといっても、「整理収納アドバイザーは
自分のおうちをきれいにできる!」というのが一番の魅力です


このブログをきっかけに、ご自宅や会社をますます美しく使いやすく整理して頂けたら嬉しいです。


皆様、長い間このブログをご覧くださいまして本当にありがとうございました。
感謝申し上げます。皆様の毎日が快適であることを心よりお祈りいたします。

 

Yahoo!ブックマークに登録
このエントリーをはてなブックマークに追加