第9回ブリのタンドリー風

ゴボウとトマトのすき焼き

沢樹さんのふるさとである富山県では、ブリは特別な存在。
冬に揚がるブリを「寒鰤」と呼んで、ありがたく頂くそうです。
今でもブリが大好きでしょっちゅう料理をするという沢樹さんですが、東京で購入するブリのほとんどが鹿児島産だと最近気づいたのだとか。
今日はインド料理の定番タンドリーを、ブリを使ってアレンジします。

いかがでしょう、この立派なブリ!

いかがでしょう、この立派なブリ!
鹿児島は全国でも有数のブリ養殖地。
今回、沢樹さんが訪れた福山養殖では地元特産の福山黒酢や貝化石ミネラルなどを混合した餌を与えており、濃厚なコクと旨み、さらにさわやかな後味が特徴です。

ブリに塩を振ったあと、しばらく置いておきます。

まずは、ブリの下処理。
ブリに塩を振ったあと、しばらく置いておきます。
すると表面に水分が浮いてきます。
ここにお魚の臭みが混じっているので、丁寧に拭いていきます。

味見をする沢樹さん。

市販のカレー粉は、フライパンでから煎りすると香りがぐっと引き立ちます。
スタジオ内にも、スパイシーな香りが充満。
カレーの香りって、食欲をそそりますよね。
きっとこれは万国共通なのかもしれませんね。

この柔らかそうなお肉、いかがでしょうか?

これは切ったブリを撮影しているシーンを後ろから撮ったのですが‥‥。
なんとカメラマンさん、照明さん、フードスタイリストさん、ヘアメイクさん、皆さんボーダー柄を着ているというミラクル!
全くの偶然ですが、こんなところにもチームワークの良さが垣間見えますよね。

トマトの酸味に合わせてセレクトした、エレガントなワインです。

今回の料理に合わせたのは、シチリアの赤ワイン、プラネタの「ドリッリ」。
シチリアは漁業が盛んで、現地の人々はマグロやサバに赤ワインを合わせます。
熟したチェリーやイチゴの果実味に、ソフトな渋みがブリの旨味と最高のバランスです。

今回のレシピ

材料

  • ブリ 4切れ
  • 塩、黒胡椒 各適宜
  • (マリネ液)
    • プレーンヨーグルト 100cc
    • にんにく(すりおろし) 小さじ1
    • カレー粉 大さじ1
    • シナモンパウダー 小さじ1
    • カイエンペッパー 少々
    • はちみつ 小さじ1
    • レモン汁 大さじ1
    • 塩 ひとつまみ
  • アスパラガス 4本
  • たまねぎ 2個

作り方

ボウルにマリネ液の他の材料とともに入れ、良く混ぜ合わせる。
マリネ液をまんべんなくブリにかけて上からぴったりとラップ。
200度のオーブンで15分焼く。
  1. ブリは塩を振ってしばらく置き、水気が浮いてきたらペーパーで拭き取り、さらに塩胡椒して下味を付ける。
  2. カレー粉はフライパンでから煎りした後、ボウルにマリネ液の他の材料とともに入れ、良く混ぜ合わせる。
  3. バットに2のマリネ液の半量を広げてブリを置き、残りのマリネ液をまんべんなくブリにかけて上からぴったりとラップし、小一時間から半日ほどマリネする。
  4. 天板にオーブンシートを敷き、ブリ、アスパラガス、輪切りにしたたまねぎを並べ、200度のオーブンで15分焼く。

「沢樹舞のあしたのレシピ 」のご紹介

間もなく日付が変わる、そんな時間に、あしたのレシピをひとつ、ご紹介します。 それは単に、料理の作り方ではなく、キッチンから生まれる、幸せな暮らしのレシピ。
わたくし沢樹舞が、鹿児島のおいしいものや、ひととの出会いを通して、新しい物語を紡ぎ出す3分間です。

沢樹 舞さわき まい

菜園料理家・ワインスペシャリスト。12年間ファッションモデルとして活躍後、ワイン専門家に転身。週末農業を行いながら、独創的な家庭料理のレシピを提案する。

プロフィール

これまでの放送

番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ 番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ
ページの先頭へ