第5回いわしのチーズ焼き

いわしのチーズ焼き

今回沢樹さんが紹介してくれるのは「いわしのチーズ焼き」。
便利なグリルメニューを使えば、魚料理もとっても簡単。
香ばしく焼き上げたいわしとチーズのコクがたまりません。
一緒に添えたタイムとの相性もバッチリです。

見違えるほどきれいになったキッチンに、最高の笑顔を見せる沢樹さん

きれいなキッチンで料理をするのが大好きで、定期的にハウスクリーニングをお願いしているという沢樹さん。
今回、「日本ガスひだまり暮らしサポート」の金子さんにガスコンロやグリルのクリーニングを依頼。
見違えるほどきれいになったキッチンに、最高の笑顔を見せる沢樹さんでした。

実は鹿児島県は、じゃがいもの生産量が全国3位

実は鹿児島県は、じゃがいもの生産量が全国3位ってご存知でしたか?
薄い皮でみずみずしい鹿児島の新じゃがは、全国に先駆けて1月頃から出荷が始まり、いち早く春を告げる食材として全国的にも人気です。

自らグラスにソーダを注ぐ沢樹さん。

自らグラスにソーダを注ぐ沢樹さん。
カメラマンの「こっちを向いてください」というリクエストにも余裕の笑顔を見せるお茶目な沢樹さんなのでした。

今回の料理には鹿児島の芋焼酎「あらわざ」をソーダ割で。

今回の料理には鹿児島の芋焼酎「あらわざ」をソーダ割で。
最近、このソーダ割がお気に入りだという沢樹さん。
ソーダで割った芋焼酎の上品な甘さとキレの良さはシャンパン党の沢樹さんもうならせる美味しさです。

今回のレシピ

材料

  • いわし 4尾
  • じゃがいも 4個
  • パルメジャーノ 5mm程度にスライス
  • タイム 4枝
  • レモン 1個
  • オリーブオイル 適宜
  • 塩、黒コショウ 各適宜

作り方

じゃがいもは皮付きのまま1cm幅にスライスし、下茹でしておく。
グリルパンにじゃがいもを敷き詰める。
こんがりと焼き色が付くまで加熱したら出来上がり
  1. いわしはお腹の部分に切り込みを入れワタをかき出す。流水で良く洗い水気を拭き取っておく。
  2. じゃがいもは皮付きのまま1cm幅にスライスし、下茹でしておく。
  3. いわしのお腹の切れ込みにチーズを差し込む。
  4. グリルパンにじゃがいもを敷き詰め、いわしを並べ、塩コショウし、オリーブオイルを回し掛け、イワシの上にタイムを乗せる。
  5. グリルなら約8~10分(姿焼きモード使用)、こんがりと焼き色が付くまで加熱したら出来上がり。レモンを添えていただく。

「沢樹舞のあしたのレシピ 」のご紹介

間もなく日付が変わる、そんな時間に、あしたのレシピをひとつ、ご紹介します。 それは単に、料理の作り方ではなく、キッチンから生まれる、幸せな暮らしのレシピ。
わたくし沢樹舞が、鹿児島のおいしいものや、ひととの出会いを通して、新しい物語を紡ぎ出す3分間です。

沢樹 舞さわき まい

菜園料理家・ワインスペシャリスト。12年間ファッションモデルとして活躍後、ワイン専門家に転身。週末農業を行いながら、独創的な家庭料理のレシピを提案する。

プロフィール

これまでの放送

番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ 番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ
ページの先頭へ