第12回緑茶で雲白肉(ウンパイロー)

緑茶で雲白肉(ウンパイロー)

新茶の季節がやってきました。
コクがあり、旨味に富んだ鹿児島のお茶がお気に入りの沢樹さん。
また、生産地によって色や香り、味わいのバリエーションが豊富なのも鹿児島茶の大きな特徴です。
最近では飲むだけでなく、料理に使うことにも注目しているという沢樹さんに鹿児島の緑茶を使って「雲白肉」(ウンパイロー)という中国料理を作っていただきました。

CHAHO SHIMODOZONOスタッフの岩越さん

沢樹さんがまず訪れたのは、鹿児島中央駅前近くの「CHAHO SHIMODOZONO」。
鹿児島の老舗製茶会社である株式会社下堂園が運営している、新感覚の日本茶カフェです。
「二十四節気」ごとに更新している、季節感あふれるこだわりメニューが魅力で、スタッフの岩越さんオススメのお茶を飲んだ沢樹さんも思わずほっこりしてしまいました。

材料の豚の薄切り肉と緑茶。

材料の豚の薄切り肉と緑茶。
中国料理の「雲白肉」は、豚のかたまり肉を茹でてから薄切りにしたもの。
しかし沢樹さんは、手軽に薄切り肉を使います。
この時に緑茶を使うと、風味が俄然アップするそうです。

お茶のパックを取り出してから沸騰させます

パックに入れた茶葉を火にかける時のポイントは、決して沸騰させないこと。
沸騰させると渋みが出てしまいます。
しっかりと緑茶の成分を煮出すようにするのが大切です。
お茶のパックを取り出してから沸騰させます。

グラグラ沸いた鍋に豚肉を入れたら、すぐに火を止めるのがポイント。

グラグラ沸いた鍋に豚肉を入れたら、すぐに火を止めるのがポイント。
余熱で肉に火を通すことで固くならずに、肉がしっとりと仕上がります。
肉の色が変わったら、ザルに揚げて水気をしっかりと切りましょう。

フランス・アランブリュモンの「ガスコーニュ・ブラン」

緑茶をイメージしてチョイスしたのは、フランスはアランブリュモンの「ガスコーニュ・ブラン」。
ハーブの清々しいアロマと、柑橘系のフレッシュな酸味が広がり、豚肉の旨味やピリ辛のタレとも良く馴染みます。

今回のレシピ

材料

  • 豚バラ肉(薄切り) 300g
  • ねぎ 1本
  • きゅうり 2本
  • 緑茶 大さじ3
  • タレ
    • にんにくみじん切り 小さじ1
    • 豆板醤 大さじ1 
    • 豆鼓みじん切り 大さじ1/2
    • めんつゆ 50cc

      ※今回は鹿児島「唐船峡めんつゆ」(ストレート)を使用

    • ごま油 少々

作り方

豚味噌
合わせ酢を作る。
しゃもじで切るように混ぜる。
  1. ボウルにタレの材料を全て入れ、良く混ぜ合わせる。きゅうりはピーラーで薄く切る。
  2. 大きな鍋にたっぷりの水と、お茶バックに入れた茶葉を入れ、火に掛ける。沸騰しないように煮出したら茶葉を取り出す。
  3. 火を強めグラグラ沸いたら豚肉を入れ、すぐに火を止め、余熱で肉に火を通す。肉の色が変わったら、ザルに揚げて水気をしっかりと切る。
  4. 皿にきゅうりを敷き、その上に肉を乗せ、白髪ねぎを散らし、タレを回し掛けたら出来上がり。

「沢樹舞のあしたのレシピ 」のご紹介

間もなく日付が変わる、そんな時間に、あしたのレシピをひとつ、ご紹介します。 それは単に、料理の作り方ではなく、キッチンから生まれる、幸せな暮らしのレシピ。
わたくし沢樹舞が、鹿児島のおいしいものや、ひととの出会いを通して、新しい物語を紡ぎ出す3分間です。

沢樹 舞さわき まい

菜園料理家・ワインスペシャリスト。12年間ファッションモデルとして活躍後、ワイン専門家に転身。週末農業を行いながら、独創的な家庭料理のレシピを提案する。

プロフィール

これまでの放送

番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ 番組で沢樹舞さんが使っているガスコンロはこちら!ノーリツ・プログレ
ページの先頭へ